<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

取材

今年もクールビズ関連で取材していただきました003.gif

どもクールビズの時期によく出るクールデブなよしけそです。

だれがクールデブだ、「馬鹿yろーこのやろー」どもお腹になんか巻くダイエットにはまっている、よしけそです。

さてそんなんで徳島人と徳島新聞のお二方から取材うけたんですよん026.gif

まあ徳島てネタないからさ、僕みたいな目立ちたがりも必要なんです。

ましてや技術を競うわけでは、ないが全国的にしてるイベント、理容業界だけのイベントかもしれないが、少しでも知ってもらいたいわけです。

コンテストとは、また違うけれど、まあ全国で優秀賞というのは嬉しいかぎりです。

そんなんで取材、まずは雑誌やけど自分の写真もとられたが、写真はとられなれてない、ましてやおふざけは禁止なんでこんなんもなし
d0235710_956355.jpg

ああ痩せてみえてるやろうか。

なんてそんな心配ばかりだw

徳島人は近日発売

立ち読みしんと買ってくださいねw

んで新聞、もう3年連続なんで、記者の方も書き方こまってそうだけど、いつもいい記事書いてくれるから助かります。

モデルをしてくれた局長もさぞ喜んでおられる。

d0235710_959327.jpg


まあ伝えるてのは難しいですが、delightすなわち喜びですね、まあ仕事を通じて喜んでもらえたらいいなと、んだら僕も嬉しいということです。

専門学校からきめてた店の名前です。

文字通り喜びを提供するんだべ。

吉てのが先走ってるけれどw

まあ覚えられやすいしいっかw新聞も楽しみにw
[PR]
by delight-hair | 2013-05-31 10:01 | 仕事 | Comments(0)

クールビズならばだ

d0235710_13395011.jpg

昨日クールビズヘアの発表がありまして、こんな感じでした003.gif

まあ偶然とはいえ3年連続で優秀賞とらしていただきまして、一回目
d0235710_13404149.jpg

この写真何回載せるんだと言われんばかりに使ってますがw

ずばり無欲でとった象徴的な作品でしたw

え?まじで?て感じでしたんで、なんせそれまで入賞すらはいりませんでしたから008.gif

この年は震災の影響もあり節電がすごいいわれてましたからメディアに大きくとりあげられましたねえ。

そして去年
d0235710_13442797.jpg

これはとれたんびっくりでしたw
しかも優秀賞、日本の理容業界がひびきくんに注目したのはいうまでもない?w

この二年連続でとったもんだからこの時期がくれば、ひびきくんはクールビズヘアやなとか、新聞でるとかいうてくれましたw今年とれなくてごめんね029.gif

さあそんなんで今年はメンズ、シニア、レディース、キッズ部門にわかれまして

もちろん全部だしましたよw

でも毎年メンズ20代から30代むけの作品だから今年はシニアだとほんま思ってました。

予想が外れたとはいえ、シニア部門で優秀賞がとれたことは嬉しく思います。
d0235710_13501775.jpg

さあそんなんで今年のキッズにだしたのはこちら
d0235710_13502782.jpg

d0235710_13505089.jpg
d0235710_13511276.jpg
d0235710_13514513.jpg

とまあこんな感じです。

複数、賞入れないでしょうからね、来年はとりますよ。

なんていうとまたしんどいから適度にがんばります。

今年もクールビズヘア推していきます。

あとね10キロおちたからすずしいですw

クーラーの温度3度はちゃうわ。

まだクールデブなよしけそでした。

やかましいわ003.gif
[PR]
by delight-hair | 2013-05-30 13:55 | 仕事 | Comments(0)

三たび

明日にならな言ったらあかんのやけど、よしけそブログファンの皆さまチャオ010.gif

今年もまた、また、ああまた取りましたつうか、取り損ねましたw

クールビズ優秀賞013.gifまあとれるとほんまに思ってたけど、最優秀やなかったんは、悔しいです。

シニアが最優秀や思っててシニア頑張ったけど、読み外れたなあ。まあでもシニアの中じゃトップてことで満足です。

ビッグマウスなんで、多くの人に今年もとれる言うてたからね、なんとかまあまあなとこのとれてホッとしてますw

まあ三年連続は、しばらくでないでしょ。賞金は三年で15万円006.gif賞金王ですw

でもお金よりタイトルが欲しいです。

また来年も頑張ります003.gif

地球の皆様ありがとうございましたー。
d0235710_1135490.jpg

今回の作品です。

かっこよさだけで、選んでもらったかな001.gif
[PR]
by delight-hair | 2013-05-28 11:28 | Comments(2)

ぐふふ

えーとねえあのねえ僕ねえ012.gifどうも花田光司です。

ばかやろーこのやろーどうもよしけほです003.gif

少し自分を褒めてやりたいことがありましてね、まあやはりなんといいますか、持ってる人間は、ちゃいますなあ。

なんてここまでくるとそういってあげたいそんな気分004.gif

そんなんでご褒美にグローブ買いましたw
d0235710_1035760.jpg

本多の2013年のモデルです。ええやろー!

この店は西武の選手のグラブの型つけしてた方のお店。

うどん県にあります。

一週間くらいで手元に006.gifはやくグローブはめて、パンパンしてえ。

そしてこの店辻様に、かずお様の使用グラブがおいてるんですよ!

はめたよ!!!
d0235710_1035883.jpg

d0235710_1035115.jpg

守備のレジェンド辻様。
いやあたまらんしびれたわ016.gif

んで松井のかずお様
d0235710_10351375.jpg

d0235710_10351545.jpg

松井のは、その人によると、グラブの手入れがうまくなかったとかw肩が強いからいけてたとか。辻さんのは、完璧だそうです。

しかし選手のグラブをはめる事が出来て嬉しいなあ。

待ち遠しい。じぇじぇ
[PR]
by delight-hair | 2013-05-21 10:27 | Comments(0)

20執念

今日でJリーグ20年です003.gif

開幕の覚えてるわ。ヴェルディとマリノスやったなあ。

当時小学校3年で、僕は野球始めたけどサッカーもする友達いたのを思い出すわ。

当時は野球のほうが人気はあったかな。サッカー人口は少なかったですよ005.gif

思い起こせば色々あったね。

濃い20年だわ。執念すよ執念。あえてこの言葉をえらびましたw

始まった時はアントラーズが好きでしてね。

強かったんですよ003.gifヴェルディよりアントラーズやったね。

ジーコいたしwジョルジーニョにレオナルドw

まあ当時はそんな有名人ごろごろいたもんなw
d0235710_1716427.jpg

そんなんで久しぶりなのに、このクオリティ。

個々でユーチューブみてJリーグ思い出してくださいw

そうです。僕サッカーあまり知らないw

20年前でストップしてますw

日本代表なんか試合みないからねw

やっぱ野球やろってことで、今度いくのさ。オリックス003.gif
d0235710_1719156.jpg

どうだこの席6500円w

大人の席だよ。

糸井見たい。ファールボールとりてえ、サインもらいてえええ

楽しみ004.gif
[PR]
by delight-hair | 2013-05-15 17:20 | 趣味 | Comments(0)

GW

世の中に休みだとうけれきってた皆さんどうですか、仕事はしんどいですか003.gif

僕は月曜日だけ休みましたって働き出してからずっとそうなんで慣れっこですw

GWは僕にとってゴールデンワークなんです。昔から帰省で帰ってきて久しぶりにきてくれたり、そんな一瞬一瞬がキラキラ輝いてるんだ。

以前の職場もそうだったけど、県外でて帰ってきても期待を裏切らないそんなお店にしたいんです。

だからゴールデンワークなんです。

まあでも世間は連休で友人も休みなもんだから色々休みらしいことしたんだよ。

朝5時から昨日は釣り、釣れなかったけどw

稚鮎を狙うシーバスを狙ったが不発、あきらめてブラックバス001.gif


d0235710_17263445.jpg

おなじみ雷魚015.gif

からの今しらすが美味くて淡路へ。鳴門海峡大橋わたってすぐのとこへ
d0235710_17273760.jpg

生しらす丼。

これうますぎでしたね012.gif鮮度がええんやろうな。

この時点でまだ10時。朝が早いとこうなるんですw

からのそこでトリックアートね。
d0235710_17293269.jpg

暇な人は行く価値ありですよ。

けっこう楽しめるw

から淡路から帰って、うずしお
d0235710_17302233.jpg

これには感動しましたねえ。

ほんと徳島に生まれながら見たことなかったけど、よかったです。

自然て凄いですよ。

うずしおは凄い自然の力で奇跡なんです。

かまぼこのナルトと同じてなんか腹立つ感じですね。はい

てことで一泊二日でいく淡路徳島ツアー。
近畿あたりからやとオススメかもねそうかもね。

んで帰ってBBQさすがに疲れたw

濃厚な休みをすごしましたw
d0235710_1734328.jpg

[PR]
by delight-hair | 2013-05-07 17:34 | Comments(0)

長井淳子


柔ちゃんに挑んだ人生

二十世紀が終わろうとしているころ、
ひとりの柔道選手が引退を発表した。
翌日のスポーツ新聞に小さな記事がのったが、
ほとんどの人は気にも止めなかったはずだ。
彼女は二七才でひっそりと競技人生を終えた。

「引退します。きょう発表します。
一応連絡しておこうと思いまして」
彼女のコーチが電話口で淡々と告げた。
わざわざ連絡をくれたことへの感謝の気持ちを述べて
私は受話器をおいた。
そうか、引退するのか。
様々な思いが胸をよぎった。

どんな選手でもいつかはこの日を迎える。
世界的な選手であれ名もない選手であれ、
いつかは幕を下ろさなくてはならない。
そしてたいていの場合、
競技生活よりはるかに長いその後の人生を、
現役時代の輝ける日々の記憶を糧に
生きていくことになる。

一度は柔ちゃんに勝ってから引退する。
長井淳子(あつこ)の最後の日々を支えたのは
そんな思いだった。
長井は九年前に初めて田村亮子と対戦。
それから十戦して十敗。
一本負けは一度もない。
ほとんどが僅差の判定だった。
田村とこれだけ対戦して
一本負けを喫していないのは長井だけだ。


負けるたび彼女は泣いた。
声を上げて泣いた。
テレビカメラは
インタビューを笑顔で受ける田村を映し出す。
皆が見慣れたその風景からわずかに離れたところで、
長井はいつも涙を流していたのだ。

永遠の二番手。彼女はこう揶揄された。
天才と同じ時代に生まれた悲劇と解説する人もいた。
柔道では国際大会に行けるのは階級ごとにひとりだけ。
四八キロ級に田村がいるかぎり
長井がオリンピックには行くことはなかった。
田村が参加しない小さな国際大会では、
長井が世界チャンピオンになった。
だが単にそれだけのことだ。
世界選手権とオリンピックで勝った者だけが
世界一と呼ばれるのだ。

いっそのこと階級を変えようと思った時もあった。
でも逃げたくなかった。
結局、階級を変えずに田村に挑みつづけた。
美しい顔立ちの彼女のどこに
そんな我慢強さがあったのだろう。
田村に勝つこと。それだけが彼女の目標になった。
もしオリンピックに出たら
長井はメダルを取れる力をもっている。
柔道関係者は口を揃えた。
だがそんな科白は何の慰めにもならなかった。

王者になるのは至難の技だ。
そして王者であり続けることはその比ではない。
それはわかっている。
だが一方で、想像してみて欲しい。
二番手がどんな心情でいるのかを。

シドニーオリンピックの日本代表に
田村が選ばれることを疑った人はおそらくいないだろう。
ひとりを除いてはだ。それが長井だった。
長井と田村の対戦を見るかぎり、
実力は拮抗してきているように見えた。

最も近い対戦などは、どちらが本当は勝っていたか
後で話題になったほどだ。
「長井が勝っていたと思います」
全日本の監督も努めた野瀬清輝は
私にはっきりと言った。
「ボクシングでもそうですが、
チャンピオンに勝つには引き分けではダメで、
はっきりとした勝ち方をしないと旗はあがらないんです」

オリンピック最終予選で田村に一本勝ちをおさめれば、
自分がオリンピックにいけるかもしれない。
長井はそう考え始めた。
彼女の練習はさらに熱を帯びるようになった。

ところがその思いが揺らぐのに、時間はかからなかった。
テレビをつけても新聞を開いても、
今度こそ田村は金メダルを取れるか
という話題でもちきりだった。
田村がオリンピック代表に選ばれるのは
既定事実のように思えた。
そればかりではない。
日本中が田村の金を待ち望んでいるように感じられた。

私が田村を破っても誰も喜ばないのではないか。
それどころか迷惑なのではないか。
おそらくこうした心情は本人にしかわからない。
そして長井は、つぶれた。
不安定になり、胃潰瘍をわずらい、
最終予選では田村と戦う前に一回戦で敗退する。
勝負は畳に上がる前についていた。

「もう疲れました。これまで・・やせ我慢の連続でした」
長井は言った。
「ずっと二番手と呼ばれ続けてきました。
二番手は他の選手にも負けられないし、
勝ちつづけている人とは違うプレッシャーがあるんです」
瞳から大粒の涙がぽたぽたとこぼれた。


シドニーオリンピック女子柔道、四八キロ級決勝。
相手が技をかけようとしたまさにその時、
田村亮子がわずか先に内股をかけた。
主審が一本勝ちを宣言すると田村はガッツポーズをとり、
顔を両手で覆って涙にくれた。
金メダルの瞬間だった。
私はその場面をテレビで見ながら、
長井のことを考えていた。
彼女はどんな思いでいるのだろう。

長井はオリンピック会場でその瞬間を迎えた。
目の前でライバルが夢をかなえたのだ。
「淡々と見ている自分がいました。
以前は、田村さんが勝つところだけは見たくない
という思いがあったのですが、今回は違いました」
そして彼女は思った。もういいかな、と。

田村に挑戦しつづけた九年が走馬灯のようによみがえり、
体の力がすっと抜けた。
初めての挑戦で田村からポイントをとったとき
観客が大歓声を上げてくれたこと、
自分に何の価値も見出せずやめたいと姉の前で泣いたこと、
負ける度もう一度と
無理やり自分の気持ちを奮い立たせたこと。
しかしもう火をつけることはできなかった。
 
「結局、私は自分を信じきれなかったんだと思います」
と彼女は私の目をまっすぐ見て言った。
「それが田村さんにはあって、
私にはなかったということです」
長井はごく普通の暖かい家庭で育った。
違ったのは父親が柔道をしていたことくらいだ。
小学二年のころから姉と、柔道教室に通い始めた。
大学時代の柔道部監督でもあった野瀬清輝は言う。
「非常に恵まれた家庭に育ったやさしい女の子が
あるとき柔道を始めた。
本当の競技者になっていくのには
時間がかかったのかもしれません」   

田村にとって長井はどんな存在だったのか。
訊ねると田村はあっさりと言った。
「長井先輩ですか。
そうですね、たくさんいるライバルのひとりです」
田村は微笑んで言い放った。
長井は田村を強烈に意識してきた。
しかし田村にとって長井は
けっして特別な選手ではなかった。
不思議ではない。王者以外は何者でもないのだ。

ふたりを分けたものは何だったのだろう。
勝利への飢餓感とでもいうべきものなのかもしれない。
だがあるものを獲得するということは、
何かを手放すということ。
そしてあるものを手放したとき、
人は何かを得ているはずだ。
長井は階級を変えることなく天才に挑み続けてきたのだ。
田村に一度も勝てなかったことを
彼女は今どう思っているのだろう。
そしてそれは
今後の人生にどんな影響を与えると思っているのだろうか。 
長井はすぐに答えた。
「もちろん田村選手に勝ちたかった。
勝てたら勝てたで、ものすごい充実感だったと思いますよ。
これまでの苦労がすべて報われたかもしれません」
でも、と言って少し考えてから彼女は続けた。
「もし勝ったらこれまでの悔しさを忘れてしまう
私はずっと負けてきたから、だから負けたままでいれば、
悔しさ、つらさをずっと忘れないでいられる。
負けて終わったほうが私らしいかなって」
長井はちょっと照れくさそうに微笑んだ。

彼女は今後はコーチとして畳の上にあがる。
人生の決着はまだついていない。

昨日夜の番組でしてました。んー田村と同じ時代じゃなかったらなんておもったけど、感動しました。
[PR]
by delight-hair | 2013-05-03 11:41 | つぶやき | Comments(0)